美容師スタイリスト募集中〜転職に悩むスタイリストさんへ〜

「もっと自分に合う美容室がないかな」

「もっと稼げる美容室あるかな」

「もっと職場環境のいい美容室あるかな」

など、転職で悩んでいる美容師スタイリストさんはたくさんいると思います。

なぜ、今の美容室を辞めようと思っているのか、その理由が自分の中で整理できていないと転職はうまくいかないと思います。

 

 

『今』の何に不満を感じているのか

美容師はアシスタント、スタイリストにかかわらず、悩みは多くあると思います。
休みが少ない、給与が少ない、労働時間が長い…
新規客が来ない、売上が上がらない、体がきつい…
悩みや不満は100%無くならないと思います。
100%の職場環境て難しいです。
たくさんの美容室スタッフ求人募集ページを見ても、100%のサロンがあるでしょうか?
あるかもしれませんが、それは限りなく100%に近いくらいかと。
何が1番の不満で、何を1番に優先したいのか。
これを自分の中で明確にすることが、転職先を選ぶためには必要です。

 

 

 

優先順位をつける

自分がどんな美容師になりたいのか。どんなスタイルで働きたいのか。
そういったとこを考えて、優先順位をつけてみる。

 
例えば、
1、給与を上げたい
2、家から近い
3、休みが多い

 

だとしたら、

 

1、客単価が高く、入客チャンスが多い
2、最寄駅から乗換なしで20分以内
3、今までより休みの多い

 

のように考えればいいかと。

 

 

『給与を上げたい』という気持ちがあるのに、あまり仕事したくない(忙しく働きたくない)という考えでは、転職先のサロンを見つけるのは難しいですよね。

 

 

 

自分の目標や将来を考える

美容師スタイリストとしての今後を考える
必ずしも『将来はこうなりたい』というものが明確になってなくてもいいと思う。
もちろん、明確に決まっている方がいいですが。
『2年後はお給料を〜くらいもらっていたい』とか『売上○○円以上やりたい』などの思いがあれば、それでいいと思います。
職場環境が変われば考えも変わることもあるので、まずは近い未来でもいいのでしっかりと考えることです。

 

 

 

続けることが大事

今は美容師もフリーランスという働き方が増えてきていますが、スタイリストとして1つのサロンである程度は『続ける』ことが重要だと思います。
スタイリストであれば自分のお客様を掴む必要があります。
美容師としての自分を支持してくれるお客様がいてくれてこそスタイリストです。
働き方は人それぞれ自由ですが、自分の都合で次から次に働くサロンを変えていては、自分の顧客を増やしていくことも難しいし、お客様にとってもご不便お掛けすることになります。
美容に限らずですが、やり続けることで見えてくることもありますので、転職するときは強い意志のもと行動することをお勧めします。

 

 

東京六本木にある美容室h.SHIPでは、美容師スタッフ募集中です。
共に成長しサロンを盛り上げてくれるアシスタント、スタイリストの応募を願います。
スタイリスト求人募集ページはこちらの、
『美容師スタイリスト求人募集のお知らせ』をご覧ください。

16'10/20