美容師アシスタントの給料。少ないの?普通なの??

全国の美容師平均年収260万円くらい。
これを見ると、少いとおもってしまう。
でも、これはアシスタントも含めた平均だろう。
美容師アシスタントだけの平均年収ならもっと低いと思う。
アシスタント平均年収ならきっと195万くらいなのでは。
200万いかない。
バイトでも頑張れば、いけそうな金額。

なんでアシスタントの給料は低いのか?
正直わからない。教えてもらったことない。
聞いたこともない。それが当たり前と思っていた。
自分が思うに、アシスタントはカットが出来ない。
カットはお客様のスタイルをつくる上で、ベースとなる一番大事な技術。

カラーやパーマが出来るだけでは、スタイルをつくることはできない。
スタイルをつくることが出来ないということは、お客様を担当させることができない。
ということは、アシスタントが何人いようが、結局はスタイリストがいなくては、お客様のご予約を取ることは出来ない。
お店の売上とならない。

 

他にも、いろんな角度から見ての理由もある。
サロン全体の売上と人件費のバランス。
その中でのスタイリストの給与とアシスタントの給与のバランス。
美容室経営のバランスを考えると、アシスタントの給与が大体決まってくる。

 

他サロンの今の美容師アシスタントの給与をいろいろ見ると、
15〜18万円くらい。
社会保険ない。あったら手取りがだいぶ減る。
でも、ないと不安。。なのかな。

 

それとも、手取りが減るなら社保いらないと思う子もいるのかな。
その辺は、はっきりしないけど。

 

 

とにかく、アシスタント時代の給与はけっして高いとは言えない。
スタイリストデビューできずにアシスタント時代が長いと、
お給料の少ない期間が長くなるということ。

 

だから、時間をうまく使って、技術・知識をたくさん吸収して、
早くステキなスタイリストになって欲しいと思う。
どんなサロンで働こうが、どんな仕事をしようが、
頑張るのは自分。

 

美容室h.SHIPのアシスタント求人募集ページはこちら

『2016’新卒・中途美容師アシスタント求人募集のお知らせ』

15'10/26