美容師アシスタントが美容室・美容師をやめようと思ったら。

美容室でのアシスタントの仕事。

入社してすぐにはお客様に入れることはない。
まず、シャンプー練習やサロン業務(受付や準備、掃除)などを覚えるとこからスタートだろう。
もうこの時点で辞めてしまう子もいる。
「美容師てこんな地味なの?」「もっと華やかだと思ってた」

 

シャンプーやカラー、パーマといった技術を覚えてお客様の施術に関われるようになり、サロン営業を回せるようになってくる。
このくらいになると、サロン勤務も2〜3年になる。
勤めているサロンのことも先輩のことも、なんとなく「こんな感じか。。」と(勝手に)思い込む。
すると、「美容師」や「美容業界」、「スタイリストになる」など美容師としてのあり方について考える時がある。(かと思う)
同期で同じように考える子がいると、妙にその子とつるむようになる。(かも)
これは周りの環境によって感じ方は当然違ってくるが、もしこう思ったら自分一人で悩み考えるのはやめた方がよい。
同じ考えの子とばかり話すのではなく、違った意識のタイプの人(先輩でも同期でも)ともコミュニケーションをとるべき。

 

「もっと楽な仕事あるよね〜」
「もっとお給料もらえる仕事あるよね〜」
「もっといい環境の美容室あるよね〜」

 

こう思ってしまうのが悪いこととは思わない。
ただ、このような思いだけですぐに美容室を、美容師を辞めていいのだろうか?

辞めるときの理由は人によって様々だ。

美容師は続けたいけど、今のサロンではもう働きたくない。
そう思う子に、少し聞きたい。

 

そのサロンでやれるだけのことはしたの?
サロンから指示されたことはやったの?

 

 

やれることなのにやらずに、文句ばかりを言ってもサロンは聞いてはくれないだろう。
言われたこときちんとやって、自分でも美容師として努力をしてきたのなら、サロンに対して不満ではなく、意見として伝えることはすごくいいことだと思う。
そうであれば、サロンも快く意見を聞いてくれ、改善できるとこはしてくれるだろう。

まずは、やることやって自分の中で「頑張った」と思えるとこまでやってみてほしい。
その上で、美容室を美容師を辞めることを考えてみるのはいい。

 

美容師という仕事に限らず、「働いてお金を稼ぎ、生活する」ということに楽なんてないよ。
美容師という仕事が嫌いになったわけじゃないなら、続けてみたらいい。
続けるから先が見えてくるし、結果もついてくる。
自分の周りで美容師を続けている人は、その人なりの結果を出している人たち。そして今も走り続けている。結果はゴールではなく、美容師としての1つの通過点。だからその先がまた見えてくる。
必ずしもいい結果ではないかもしれないし、もちろん不安や悩みがないわけじゃない。
それでも、美容師という仕事を続けてきたから今の自分がある。

 

中途半端では、その気持ちもその生活も何も変わらないかもしれない。

この考えが全てではないが、1つの意見として美容師アシスタントの子の意識の中に留めておいてくれたらいいかな。

 

 

もし、美容師アシスタントの子でこんな感じに悩んでいるなら、

 

『考えすぎずに、今は動こう』

 

 

15'07/14